Fragments of memory

おたく女子大生の出来事や思った事。

ひとりぼっち惑星をやってみました。

フォロワさんがツイートしてて気になったのでひとりぼっち惑星というアプリを初めてみました。

ざっくりいうと地球にひとりぼっちの生き物が、人工知能達が戦争して出てきたパーツを集めてアンテナを作る。そのアンテナでだれかの声を受信するというシンプルなアプリ。こっちの声も送信出来ます。

シンプルだけど人について考えさせられるアプリだなと思いました。

今のところ4回声を受信して2回くらいはアプリの自動的なもので残りの2回は誰かの送信したものだと思うのですけどどっちもなかなか考えさせられるものでした。

船の中の人の権力争いとか、
60になったら死ななければ行けないとか、
感情を真似る機械が自分が壊れることに悲しいと感じてるとか、
政府によって人生を決められながらも幸せに暮らしている子どもの話とか。


戦争する人工知能が壊れた時に出てくるパーツはよく見ると歯車やレンチに混ざって木馬や電話、スマホ、パズルのピースなどが混じっていて人工知能は子供が作ったのかなと想像しました。

f:id:soralpids:20160624181210p:image

ちょっと時間を置くとすぐ破片が溜まるのでスワイプして一気に集めるのが楽しいです。ちょっとした爽快感。


追記。
アンテナMAXになるまでは他の人のこえではなく定型文らしいみたいですね。まだMAXではないので破片集め頑張ります。

6/25 更に追記。

ようやくアンテナを最大に拡張できました。
最初の他人のメッセージはアイマス布教でした。もうちょっと世界観に合わせたものが届いて欲しかったです。

アプリのリンクを貼っておきます。App Store だけですけど。

Shogo Senouchi「ひとりぼっち惑星」