読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fragments of memory

おたく女子大生の出来事や思った事。

そんなこと求められても

ちょっとした愚痴です。

バイト中に同じ年代くらいの男性が小声で私のことを愛想悪い的なことを話しているのが聞こえました。

悪口は小声で言うくらいなら本人のいないところで話せ。

(はじめて太字使ってみました)

私は基本的にバイト中はめっちゃ笑顔で接客とかはしません。普通の顔でレジに立っています。
ただし話の長そうなおばあさんに捕まったら笑顔で聞き流しますけど。

そもそチェーン店でもない町の小さな個人経営の本屋ですからそこまでのカスタマーサービスを求められても困ります。

本屋は本を売る店でサービスは売ってません。

笑顔で可愛い女の子に接客されたいならどうぞメイド喫茶にでも行ってください。

接客業してるとほんと色んな人間いるんだなーと実感します。