読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fragments of memory

おたく女子大生の出来事や思った事。

おめでとうが言えない日。

今日は祖父の91歳の誕生日になるはずでした。

いつの間にか亡くなってから半年経っていて驚きです。
去年のこの時はまだ死ぬなんて考えたこともなかったのに何があるかわからないですね。

夕飯にお赤飯が出ましたがケーキを買うことはないんだなぁと寂しくなりました。

あと父がお供え用と私に塩大福を買ってきたので食べたのですがその前にフレンチトースト少しとポテチ少し食べてたのでちょっと胃が辛かったです。

あと割と最近知ったのですが祖父は私の学費も一部出してくれていたようで父に「後で仏壇にお礼言うんだよ」って言われたのですがそういう大事なことは祖父が元気なうちに言って欲しかったです。
亡くなってからじゃ何も言えないのに。

祖父が亡くなってから人が亡くなるとどうなるのかなとか考えましたけど結局答えはわからないままです。

きっと祖父は今頃奥さんと楽しく過ごしてるのかなぁとか、どこかで私のことは口癖のように言ってた「心配で心配で」とか言いながら見てるのかなぁと思います。



全然関係ないのですが先日母がお酒のお供に買ってきたオランジェットが激ウマだったのでたまにこっそりつまんでるのですが近場で売っている所がなくて困ってます。